私のガサガサ足裏ケアの方法|かかと美人に!

ボディケア

こんにちは!しづよです。

今日は足裏のケア方法をご紹介するので興味がある方はお付き合いください。

こんな人におすすめ

・かかとがガザガザ

・ストッキングが伝線しやすい

・自分でのケア方法が分からない

基本的にはクリームでの保湿

年齢のせいなのか、ここ最近はお風呂上りにクリームを塗らないとすぐに足裏がガサガサに

なってしまいます。

ですが毎日塗っていても乾燥はしているようで、足裏(特にかかと)が靴下やタオルの繊維に

ひっかかる時があります。

それがすっごく気持ち悪い。

ひっかかりを感じたらすぐにケアしないと気になってしょうがないです。

細かいですが、かさついているのが分かりますか?

角質が固くなっています。

足裏用やすりで角質除去

 

足裏用のやすり「ビューティフット」で固くなった角質をゴシゴシ削っていきます。

「ビューティフット」はいくつか種類があって、私は白とベージュと2種類持っていますが、

白い方は目が粗いので相当かかとが固い人用という感じ。

私はそこまでカチカチでもないのでベージュしか使っていません。

 

 

手順1・・・足裏をお湯で温めて柔らかくします

お風呂に入っている時にやるのが一番良いです。

湯船につかって角質が柔らかくふやけたら洗い場で椅子に座って削るのがやりやすいです。

 

手順2・・・優しく削っていきます

ポイントはかかとの丸みに合わせるように丸くやすりを当てていきます。

ただ縦横にスライドさせるのではなく、色々な方向から円を描くように削っていくと

まんべんなく綺麗になります。

力を入れすぎないように注意です。

削っていくとだんだん角質が取れていくのが見れます。

汚くてすいません!サイズ小さくしてます。

こんな感じの角質が出てくるのを確認しつつ、削った個所を手で触りながらケアしていきます。

角質の量は人それぞれなので、どのくらいやって良いのかは言いにくいですが、

ポロポロ消しゴムのカスのように出てくるのが面白くて、削りすぎてしまうと

歩くときにじんじんして痛くなります。やりすぎは注意です。

手で触ってツルツルになっていたら終わりにしましょう。

※最初は目の粗い方で削ってから、仕上げに細かい方で削ると綺麗に仕上がります。

 

 

 

手順3・・・角質を洗い流しましょう

私の場合は角質を削ってから体を洗って一気に流しています。

洗い流して何もつけていない状態が次の写真。

 

 

手順4・・・しっかり保湿しましょう

角質を削っている分、乾燥しやすいので保湿クリームをたっぷりと塗ります。

べたべたするのが嫌でジェル状やオイル系のものを選んでしまうと保湿が不十分で

すぐ乾燥してしまいます。

かかと用のこっくりしたクリームがおすすめです。

クリームを塗ると床が汚れるという意見もありますが、私は塗ってからすぐに靴下を履くか、

ベッドの上で塗ってすぐ寝るようにしています。

ビフォーアフター

ケア前

ケア後

 

 

ケア前

 

ケア後

まとめ

今回は私の足裏ケア方法について書いてみました。

削りすぎにはくれぐれも注意してください。

ひび割れていたり、鏡餅のように固くなっている人は少しづつ何回かに分けて

ケアすると良いと思います。

参考になれば嬉しいです。

コメント