【濃い眉さん必見】脱色して垢ぬけよう!|眉毛ブリーチのやり方

メイク

こんにちは!しづよです。

今日のトピックは眉毛の脱色について。

ここ最近はふんわり眉がトレンドですが、元が濃い毛質だと眉マスカラやパウダーを使っても強めな眉毛に仕上がってしまいませんか?

薄い眉毛を濃くするのは簡単ですが、濃い眉毛を薄くするのってメイクだと難しいですよね。

私も1本1本太い方なので、薄いメイクがマイブームな時は眉脱色をしています。

今日は私の眉脱色のやり方をご紹介します。

こんな人におすすめ

・眉毛が濃い人

・ふんわり眉になりたい人

・眉マスカラが面倒な人

 エピラットを使って脱色

私がずっと愛用しているのがドラッグストアでも買えるエピラット。

チューブタイプで使いやすいし、スパチュラも塗りやすいです。

手順を説明していきます。

【手順1】眉毛に油分がない状態からスタート

私は、クレンジング洗顔をして化粧水をした状態で脱色しています。

クリームを塗ってしまうと油分で脱色剤をはじいてしまうので、さらっとした状態からスタートしています。

脱色するのに時間を置くので、乾燥が気になる人は眉毛を避けて保湿クリームを塗ると良いですよ。

生理中や前後は肌が敏感になりやすくブリーチ剤で荒れることもあるので、脱色する際は肌の調子が良い時がおすすめ

【手順2】A/B剤を混ぜる

私は眉尻の毛量が少ないので、量はこのくらいでちょうど良いです。

初めての人はもう少し多いと安心かもしれません。

白と紫が完全に混ざり切るまでしっかりまぜまぜしましょう。

ちゃんと混ぜないと仕上がりが色ムラになったりするので注意してください。

【手順3】眉毛に塗布

肌が敏感な人は眉毛の周りにワセリンを塗って保護してください

私は付属のスパチュラで塗っていますが、やりにくかったら綿棒などを使うと良いですよ。

この時、眉の中まで押し込むようにしっかり根元までクリームを密着させると綺麗に脱色できます。

毛がすっぽり隠れるように塗ります。

【手順4】5~10分放置

コットンを2つに割いてふわふわの方を眉に当てます。

こうすることでクリームが垂れてくるのを防ぐのと、密着させることでより浸透して綺麗に脱色できます。

私の場合は10分放置しますが、肌が弱い人やそこまで明るい色にしたくない人は5分~8分くらいで様子を見てください。

何回かやっていくうちに自分のベストな放置時間が見つかると思います。

【手順5】流して保湿

貼っていたコットンでふき取ってから、ぬるま湯でよく流してください。

その後はしっかり保湿します。

*私は少し赤みが出ますが、次の日には引いています。

脱色前と後を比べるとこんな感じです。

真っ黒だったのが色が抜けて自然な茶色になりました。

肉眼で見るともう少し明るいですが、10分でこのくらい脱色できます。

毛が細い人ならもっと金髪に近い感じになると思います。

メイクをするとこんな感じです。

 

ちなみに敏感肌用の物もあるので、肌がかぶれやすい人はそちらの方が良いかもですね。

参考にしていただけたら嬉しいです。

 

 

 

 

コメント